洗い過ぎないこと

洗う皮膚というのはとても敏感なもので、洗い過ぎてしまうと肌荒れの原因になることがあります。ニキビで悩まされている方などは、しっかり綺麗に洗浄しようと思って、どうしても洗い過ぎてしまうことがあります。しかし、肌をゴシゴシとタオルで磨くと、肌が削れてしまうことが多いです。本来皮膚を守っているはずの皮脂まで洗い流してしまうことも多いですし、見えない傷を多く作ってしまっている方も多いです。タオルというのは繊維によって肌を傷つけてしまうものもあり、それらでゴシゴシと磨けば皮膚に傷が付いてしまうこともあります。

そうなると、やはりそこに汚れや菌が溜まりやすくなり、結果的にニキビになってしまうことが多くなるのです。もちろん、背中ニキビでも同様のことが言えるでしょう。洗い過ぎてしまうと肌が乾燥しやすくなり、敏感になってしまうことも多いです。つまり、洗うのはあくまでも汗や汚れを落とす程度にして、皮膚まで削ってしまうことのないようにすることが重要です。石鹸などはしっかり泡立てて、その泡で洗うように注意してください。また、何度もタオルで洗うのではなく、手で洗うなどの工夫もしてみると良いです。そういう点に気を付けておけば、肌を綺麗に保つスキンケアもしやすくなります。


関連記事